<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=220807558931713&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

仕事の解剖学

インデックス 2021分散型ワークの世界で生じる混乱を乗り越える方法

仕事の解剖学

世界中で働く 12.5 億人のナレッジワーカーが新型コロナウイルス (COVID-19) の影響を今まさに受けています。

個人、チーム、組織として効果的に働く方法に関する今までの常識は覆されました。 多くの組織にとって、リモートワークへの突然の移行は、コラボレーションツールの導入を増加させ、デジタルトランスフォーメーションを加速させるきっかけとなりました。 その一方で、多くの企業がこの急激な移行で困難から抜け出せない状況です。

たとえば、物理的なオフィス環境が変化しても、働き方が明確にされていないため、私たちはコラボレーションの新たな課題に直面しています。 従来行っていたオフィス環境で通用したやり方をリモート環境で再現しようとしてもその努力も虚しく、いわば「仕事のための仕事」は増える一方です。

「仕事の解剖学」インデックス 2021 では、個人、チーム、組織全体がどのように混沌とした仕事で透明性をもたらし、レジリエンス(活気ややる気)を取り戻し、これからさらに繁栄していけるのかを検証していきます。

出典:Asana Japan株式会社「仕事の解剖学より」

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。


資料ダウンロード

資料ダウンロード

資料ダウンロード